僕のデッカイ雪だるまを見てよ!


by forutejaga

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Yellow Snowcorn!

1/19追記:
こちらの記事は雪合戦のミニゲーム紹介を含んでいますがこれはクリスマス限定のイベントで出来たもので、現在はプレイすることが出来なくなっています。

みなさんはどんなクリスマスイブをお過ごしになったでしょうか。
GuildWarsではクリスマスアップデートで雪合戦なるおもしろそうなゲームが出来るようになりました。Lion'sArchとDroknar'sForgeにいる[Snowball fight]と名前についてるNPCに話しかけることでプレイできます。Ascalonにもいるそうです。
ということで自分はコイツで過ごしましたorz
f0002939_6331643.jpg

しかもやりすぎた。

しかし期間限定っぽいものにしては良く出来てるなぁ。なかなか楽しいので是非遊んでみてはどうでしょうか。ということでこのゲームの解説なんかをちょっと。自分が最初にやった時ルールとかさっぱりだったので・・・。

ゲームルール:
GrenthチームとDwaynaチームの各チーム4人づつに別れ、ゲームエリア内にSpawnする"Present"をそれぞれの開始ポイントのそばにいるAvatar of GrenthまたはDwaynaと名の付くNPCに渡すことでスコアが一点入り、五点先取したチームの勝利となる。

賞品:
ゲーム終了時に全ての参加者に「WinterGift」というアイテムが配られるが勝利チームに配られるものと敗北したチームに配られるものはグラフィックが同じではあるものの異なっており、勝利チームに与えられるWinterGiftは使用すると、「CandyCane」、「CandyCaneShard」、「SnowmanSummoner」、「Eggnog」、「SpikedEggnog」といったクリスマスアイテムのいずれかがインベントリに入る。
対して、敗北したチームに与えられるWinterGiftは使用するとネクロマンサースキルのデスノヴァのようなエフェクトが出るだけのものがほとんどで、たまにクラフト素材のLump of Charcoalが出てくるのを確認・・・何故。

skills:
エネコストは全て0
f0002939_8582624.jpg

1.Snowball:1,0(左からActivationTime,RechargeTime)
Spell、命中すると50のダメージを与える雪玉を投げる。

2.Mega Snowball:1,0 ただし4回攻撃分のアドレナリンが必要
Spell、着弾の遅い大きな雪玉を投げる、命中すると75のダメージとノックダウンの効果を与える。

3.Snow Down The Shirt:3/4,30
Hex Spellだけど対象に触れる必要あり。20秒間持続。このHexにかかっている対象があらゆるダメージを受けた時、その対象の行動は中断される。

4.Hidden Rock:2,10
Glyphらしいです・・・。次に投げる雪玉が命中すると、対象をノックダウンさせ、更にDazeを与える効果を付与する。

5.Avalanche または Yellow Snow
この枠は上記に書いたGrenthチームかDwaynaチームのどちらに入ったかによって二通りに変化する。上の画像のはAvalanche。

5-1.Avalanche(Dwaynaチーム時):1,30
Spell、対象とその近くの敵を10秒間Cripple状態にする。

5-2.Yellow Snow(Grenthチーム時):2,4
Glyph、自分の状態異常を一つ取り除き、次に投げる雪玉が命中すると、対象にDeseaseを与える効果を付与する。

6.この枠はプライマリのProfessionによってスキルが6通りに変化する。自分で詳細が確認できないものは情報が抜けてます。画像はWarriorの"Let's Get'em!"。

(Warrior)"Let's Get'em!"0,30
Shout、自分とその近くにいるパーティーメンバーは5秒間、移動速度が10%増し、攻撃1回分のアドレナリンを得る。

(Monk)Ice Breaker:1,45
Enchantment Spell、対象の味方は10秒間、5のヘルスリジェネを得る。更に対象が敵から攻撃を受けた時、その攻撃者をノックダウンさせる。

(Necromancer)Holiday Blue:
自分の100%のヘルスを犠牲に(自爆)し、その場に45秒間-15のヘルスデジェネを与える泉を作る。おそらくSpellかな・・・。

(Mesmer)Blinding Snow:
Spell、対象の敵の行動を中断し、10秒間盲目の効果を与える。

(Ranger)Flurry of Ice:3/4,0
Spell、最大4人の対象とそれに隣接する敵に対して35のダメージを与える雪玉を投げる。
更にRangerは無条件にペットがついてくる様子・・・。

(Elementalist)Icicles:2,20
Hex Spell、対象とそれに隣接する敵に75のダメージを与え、5秒間、移動速度を66%低下させる。

7.Ice Fort:1,60
Enchantment Spell、自分の周りに氷の壁(かまくら?)を作り、10秒間、自分が受けるあらゆるダメージを0にする。ただし、移動すると効果が終了する。

8."Mmmm Snowcorn!":0,60
Shout、自分のヘルスを300回復する。ただし、他の全てのスキルが10秒間使用できなくなる。

これらのスキルを組み合わせてPresentを奪い合うわけですが、Hidden Rockで雪玉の中に石を隠したり、Yellow Snowで雪玉にオシッコかけたり、シャツの中に雪入れてやったり、更には雪のアイス食べて回復したりでなんともユニークです。このゲーム、寒いのは嫌だけど雪合戦はやりたいという方にもってこいではないでしょうか。(違

その他tips:
・雪合戦に参加しているプレイヤーは全員ヘルスが500、エネ40に固定される。
・雪玉のダメージは防御に左右されない、ただWarriorの装備のReduceDamageは効果があるのを確認。
・Presentを持っている状態では、移動速度が低下する。
・Presentを持っている状態でノックダウンの効果を持つ雪玉を受けるとPresentを落とすので、これを利用して敵が運んでいるPresentを奪いましょう。
・雪玉がSpell扱いなので、Daze状態の相手に雪玉をあてても行動を中断することができない。Rangerのペットアタックは例外としてDazeは雪合戦においてはほぼActivationTimeを伸ばすだけの役割で、ノックダウン以外の方法で中断をさせるのにはSnow Down the Shirtのお世話になることに。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-25 09:42 | プロフィール、私事とか

Me/E DDMesmer

自分はおろかPTメンバーも真っ先に狙われないだろうと思いがちなWarやRを「殺すアンチ」を目標にこんなのを。
f0002939_4464274.jpg

Attribute:DominationMagic/EarthMagic/DominationMagic/FastCa
sting
Illusionは装備と合わせて15ぐらい、残りはバランス良く。Fastcastingは若干低めでもあんまり困らないかも。装備は両手にIllusionのリチャージUPのものを。

1.Ineptitude
2.Clumsiness
3.Phantom Pain
4.Shatter Delusions
5.Obsidian Flame
6.Conjure Phantasm
7.Ethereal Burden
8.Ressurection Signet

最初はとりあえず突っ込んでくる敵WarまたはMoの逃げ足を止めるのにEtherealを。エネが戻ってくる前に他のWarやRに攻撃していくのがいいけど、他に対象になる敵がいない場合はEtherealをかけたWarなんかにわざと近寄って自分がタゲられながらConjure>PPain>Ineptitude>Clumsiness>上の二つのダメージを確認してShatterDel>ObFlameとかける。PPainは先がけしたほうがヘルスをより減らせるのでいいと思うけど作業中に攻撃くらうぐらいなら先にIneptitudeで。
だいたいIneptitudeで80、Clumsinessで90、ObFlameで80、PPainの深手で100、ShatterDelで60の合計410程度のDD+ConjureとPPainのデジェネで一気に減らす。キャストタイムはIneptitudeとClumsinessが1sec、ShatterDelが1/4secでもともと早く、更にFastCastingで結構早い仕事ができるので上記の順番で使用していくとかなり短時間の間にDDがまとまって入るためやられるほうはかなりキツいと思う。相手にMoがいなければこれでほぼ倒れる。WarやRにしか適用しにくい欠点はあるものの、かつてのFragilityコンボよりも短時間のうちに一気にダメージを与えるので対象がIneptitude、Clumsinessにひっかかればかなり強力。
ただこれだけ使用すると消費エネがバカにならないので最初以外は敵のヘルスや自分のエネとの相談でPPainを絡めながら適時コンボを組み替えていくような感じに。
例えば対キャスターの場合は有効なスキルが少なくなるけどPPain>ObFlame>ShatterDelだけでも1sec前後のうちに一気に200ちょっとヘルスが減る形になるし、消費エネもそう高くないのでトドメ用としてかなり頼もしかったり。

ClumsinessとIneptitudeのダメージは確実に入れたいのでなるべくAttack行動中の相手を対象に。
それからClumsinessはまだしも、Ineptitudeをもらった側は盲目の治療のアテがない場合は効果が消えるまで攻撃しないほうがよっぽどいいのでそういった場合はひっかかってくれないことも、ただAttack行動中に入れてやると反応が遅れやすいし、自分を含めた味方の治療に頼るつもりの相手も簡単にひっかかる。ついでにWarは武器振り回してナンボじゃーという人も。

おまけ的:
EtherealBurdenはエネ回復としてはちょっと使いにくいと思ってたけど最初はエネのストレージ、貯金のような役割にもなるしSnare効果も嬉しく、IllusionのリチャージUPを重視した装備の場合は意外と使いやすい印象。場合によってはEtherealにShatterしてすぐにお引き出し+ダメージみたいな。
今回はダメージを伸ばすことを重視してサブにEleをもってきてObFlameが入ってるけどAttriのやりくりが結構大変なので味方の火力に頼れるならこの枠はやはりProfをかえたりNoAttributeかIllusionのスキルを持ってきてIllusionを16まで伸ばしたりいろいろできそう。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-24 06:37 | ビルドメモ-Mesmer

R/Me エネ枯渇レンジャー

しばらくBuildネタの更新が滞ってましたが終わってません。(汗
こんな感じのエネ枯渇はどうだろう。
f0002939_19405195.jpg

Attribute:DominationMagic/Expertise/Marksmanship/Inspiration
Magic
Domiは12、Expは12あると10エネスキルが5エネになるけどエネ管理に気をつければもうちょい低くても平気かも、余りを振るかんじでMarksに振って、更に残りカスをInspiに。
弓の選択はとにかくDodgeされにくいものを。

1.Oath Shot
2.Debilitating Shot
3.Lightning Reflexes
4.Guilt
5.Shame
6.Signet of Weariness
7.Mantra of Signets(Inscriptionと混同しやすいけど別物)
8.Ressurection Signet

MantraSigをかけて次に使ったSignetが即リチャージ、更にOathShotでMantraSigを含め7つのスキルの即リチャージができる。これらを利用することで勢いよくエネ枯渇スキルを連発する。
コストの気になるMantraSigをExpertiseで軽減しているので扱い易い。
手順の例としてはターゲットをMonkとした場合、MantraSig>Weariness>Weariness>Shame>DebiShot>OathShot>
DebiShot>MantraSig>Weariness>Weariness>Shame>少し待ってDebiShot   なんていう具合に長々と・・・。
もちろんOathShotを使う前に出来ればGuiltとShameを両方消化したいところ。この二つがエネの生命線なので。ただ、多少サボってもエネ持ちはそこそこ悪くないかも。
これだけくらったら相手としてはひとたまりもないハズ。途中で対象のエネが底をつくことも少なくないっぽいので余裕があればタゲをかえたり戻したりしながらエネ吸い。
ちなみにSigWearinessはDomi12で-9エネの効果になってプライマリのMeと比べてもまずまず見劣りしないし、この範囲-9エネを4連発できるので相手が密集してると一気に戦力を削ぎ落とせる。それとこちらはプライマリがRなので中断Rなんかに即狙われることも少なく、個体としてはわりと仕事がしやすい、個体としては。
OathShotのリチャージ中なんかはエネ枯渇スキルを適時使用したり、Marksmanshipも結構多く振れる余裕があるのでLightningReflexesで防御とダメージ効率を両立しながら攻撃したり。もちろんこれもOathShotのおかげでなかなか使い勝手が良いものに。

長いおまけ(他に試してみたスキルとか):
・最初はLightningReflexesよりも防御寄りでWhirlingDeffenceを入れてみたけど別のスタンススキルであるMantraを使用するのでだらだらと長いWhirlingDefは除外。逆にMantraやめてEneBurnとかも試したけど使用エネがちょっと大きいだけでも案外きつくなりやすい上に、範囲エネ吸いのほうが個人的に嬉しかったので結局Mantraに。
・高めのMarksを確保できるとは言っても攻撃の手数そのものが少ないのでダメージソースにMindWrackってのも。使ってるとエネの減りが早くて他の仕事がやりづらくなるのを覚悟。Rとは相性が悪いか・・・。
・それからSerpent'sQuicknessの導入、これはOathShotと合わせると互いにリチャージ時間を短縮し合ってくれて低サバイバルでも維持しやすいので相性は良好そう、ただヘルス50%以下になったり、Mantraで消されてしまうのを危惧して今回の形にしたけど、これは調整次第で使えそう。
・BlackoutもExpでコスト低減なのでうまく使えれば良さそう。
・最後、DeterminedShotをわざと障害物にあててOathShotを強制UP、結果的に全スキルのリチャージ管理を自分でできるようにしちゃった形とか。これはまだ試してないのでなんとも言えないけど、作業にかかる時間を考えると効果的なのかそれとも他のことやってたほうがいいのか、そのうち試してみよう(逃
[PR]
by forutejaga | 2005-12-20 19:41 | ビルドメモ-Ranger

動画作成に四苦八苦

せっかくだからBuildごとにちょっとした動画を配信してみたいけど何分ド素人なものである程度画質維持してうまく容量小さくしたりするのに試行錯誤中であります。
圧縮前はまずまずいい画質のものがとれてるっぽいのでPCスペックはなんとかいけそうな気がするんだけど。
もしうまく作れたらUPする場所を探してちょこちょこ上げてみようかと思ってます。

ちなみに下の記事の人形達は自称癒し系アイテム。なんかかわいくないですか?(@@
[PR]
by forutejaga | 2005-12-18 21:32 | プロフィール、私事とか

f0002939_2273194.jpg

f0002939_2281892.jpg

f0002939_2292245.jpg
f0002939_2295930.jpg

[PR]
by forutejaga | 2005-12-16 22:14 | プロフィール、私事とか

Mo/W Heal Spec Monk

守りという点で弱いHealSpec、かわりにエネ消費なしでDEFブーストしてみる。
f0002939_22284173.jpg

Attribute:HealingPrayer/ProtectionPrayer/DivineFavor/Tactics
HealとDFをメインにバランスよく、Tacは盾を装備するので9は欲しい。Protは適当に余りを入れる感じでRuneとあわせて8とかそのくらい。

1.Aura of Faith
2.Reversal of Fortune
3.Orison of Healing
4.Dwayna's Kiss
5.Mend Ailment
6.Vigorous Spirit
7.Holy Veil
8."Watch Yourself!"

片手に盾、もう一方に剣か斧でEnch20%longerを。ちなみにEnch20%をつけるためだけの武器ではなく、自分のVigorousの回復量UPも狙ってたり。武器2に杖なんかを持ったりしているとエネ枯渇した、させられた時に少し粘れる。枯渇スキルもらわない分には結構なくなりにくいけど。
操作は開始時に自分にHolyVeil、Hexこない相手ならはずしても。
敵とぶつかる前にやはり自分にAura of Faith、Vigorousとかける。WarやRを筆頭として味方にも適時VigorousをかけておくとShatterでももらわない限り直接ヒールの回数が減る&Dwaynaの回復力UPで良い感じ。
あとは自分にVigorous、AuraofFaithがかかった状態で敵をひたすら殴りながらWatchYourselfを連発することでエネ消費なしで自分のHPをかなり維持しやすい。武器Attriがないので当然ダメージ源には全くならないけどキャスターは結構逃げ出したりする・・・。
ちなみに攻撃速度UPのStanceを使用していないWarと殴り合う程度ならこの回復だけでほとんど充分なのでエネを自分以外の回復にガンガン回しやすい。多少の集中攻撃を浴びたりしても防御UPとAuraofFaith、Vigorousを維持しながら殴りつつ、たまにOrisonでも使ってればAuraofFaithで回復量が大きくなってるので結構余裕があると思う。
ただしInterruptとかKDに弱いのがHealSpecの悩みっぽいので緊急ヒール用にRoFを使用、KDコンボとかくらいそうになったら起き上がりにRoFをきっちり挟んでおけば高いDEFのおかげもあってわりと簡単に凌げる。集中攻撃が激しすぎると話はかわってくるけど。
自分以外の回復にはDwaynaをメインに。AuraofFaithと合わせると結構な回復量になるし、おまけにVigorousものせたり対象の味方がHexとかもらってたりすると非常にエネ効率の良いヒールになる優れもの。もしDwaynaだけでおいつかない時は適時OrisonやRoFを混ぜながら。
Condi対策のMend、Hex対策のHolyVeilは通常通りの使用感覚で。

おまけ的:
回復量増加といえばAuraofFaith以外にLifeAttunがあるのでそれを使用してエリートをWordofHealingにしたものもやってみたけどHolyVeilと一緒に使うとエネ回復が少なくなりすぎるのでボツに。かといってVeilやめて赤ちゃんにしても10エネ使用でキャスト2secのLifeAttunとは相性が悪いしダメっぽい。
Warのスキルで他に気になったのが"ShieldsUp"・・・用意してたらRの多いチームにはかなり強そう、でも全員が盾を用意するってのは味方がほぼ知り合いとかじゃないと難しいか。
あとRiposteなんかも結構面白そう、エネ要らないしAdrコスト安くて結構連発できそうだし。

感想としては、防御無視ダメージとかの弱点はあるもののエネを消費せずに自分のみならずPTメンバーの防御UPができ、VigorousなんかのEnchとDwaynaをうまく使えばヒールのコストパフォーマンスもわりと良好で全体としてなかなか悪くないんじゃないかな。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-14 00:24 | ビルドメモ-Monk

R/Me Concussion Ranger

状態異常の一つ:Dazed (沈黙)
詳細 沈黙状態のキャラクターは呪文の詠唱に普段の3倍の時間がかかります。
さらに詠唱中に攻撃を受けると簡単に中断されてしまいます。
この状態のキャラクターは周りに脈打つ白い球が漂っているので判別できます。(GoWさんの訳文より。)
使ってた感じどうも詠唱3倍にはなっていないような気がしてたけどどうやら2倍が正解っぽい様子。

このDazedはMendAilで本人治療はほぼ無理っぽいしMoに入れたら必殺に近いんじゃないだろうか。わりと安定して消せるとしたら赤ちゃんかPurgeCondi、PurgeはSpellだから止められるかもしれないけど。ということでキモはDazedを入れるConcussionShot。
f0002939_14422492.jpg

Attribute:Expertise/Marksmanship/IllusionMagic/InspirationMagic
Crippling使いまくるならExp14以上あると余裕があるかな。次にMarks10程度確保して残りは9とか8ぐらい。

1.Crippling Shot
2.Power Drain
3.Concussion Shot(Spellをキャスト中の相手にあてるとDazed)
4.Distracting Shot
5.Read the Wind
6.Arcane Conundrum
7.Mantra of Persistence
8.Ressurection Signet

最初は相手Warが走りこんできたりするところに適度にCripplingを配って止める。
敵にMoがいるならMantraをかけた状態でArcaneConundrumをMonkへかけて見張る。相手が遠くへ逃げようとしたりすればCripplingを入れ、MendやHex除去系を使わせてConcussionかPowerDrain。Concussionを入れた場合は粘着して攻撃しつつ、相手のCrippleが切れる頃にもう一度Cripplingを入れたりしてDazedに蓋をする形で安定させ、適度にPowerDrainでエネ確保、Dazed中の相手に再びConcussionを入れて継続させてやったり。
DistractingはRezを筆頭としてnon-Spellつぶしに。
敵にMoがいない場合は適当なキャスターをターゲット。
ちなみに高ExpertiseのおかげでスタンススキルであるMantraのコストは結構安い。

感想他おまけ的:
こういうタイプなのでもともと攻撃力は低く、赤ちゃんMonkにはConcussion+Cripplingで蓋の効果も薄くて本領発揮しにくいのがつらいところ。ただ、Dazedは状態異常なので最初はMendしようとする人が多いと思う。
安定して消される場合はかわりにWarにCripplingをばらまくとか、他の適当なキャスターにConundrumからConcussion入れてCrippleを常にかぶせるかんじで邪魔するとかが精一杯かな。
Survivalにカス振りしてReadtheWindのかわりにApplyPoisonってのも考えてみようか・・・。
それからConcussionを入れやすくするためにConundrum入れてる部分も大きいので中断が物凄く得意な人は必要なくなるかも、ただ安定して入らないConcussionはエネが致命的に痛い。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-10 15:58 | ビルドメモ-Ranger
EtherRenewal弱体化されてしまったけどやったことなかったので試しにやってみた。
f0002939_17515159.jpg

Attribute:Healing Prayer/Protection Prayer/Energy Storage
ルーン、頭込みでエネスト12以上、残りはバランス良く。

1.Infuse Health
2.Reversal of Fortune
3.Protective Spirit
4.Vigorous Spirit
5.Aura of Restortion
6.Ether Renewal
7.Life Attunment
8.Holy Veil

見ての通りのInfuse以外は全てEnchでスペル連射力重視の極端なやつ(汗
開始前に自分にLifeAttunとHolyVeilをかけ、戦闘中は重ねてVigorousとAuraofRestortionものせておく。これで自分が5エネスペルを詠唱すると40程度、10エネスペルで70程度回復する。(Attriのバランスによって上下)
それを利用してInfuseを使用したあとにRoFやVigorous、大仏なんかもかけていくことで自分のヘルスを回復、再びInfuseといった具合に味方を回復していく。
EtherRenewalがチャージアップしてある状態ならエネがなくなってきた時とか、味方全体のヘルスが減っている時に使う。この時自分にEtherRenewalを含めて5個以上のEnchがかかっているのが望ましい。5個あれば充分とも言えるのでLifeAttun、Veil、Vigorous、Restortionあたりの効果の長いものが維持しやすくていいと思う。
EtherRenewalを使ったらとにかくSpellを連射、ここでは基本的にキャストの早いものを選ぶ。具体的な例としてはまずヘルスの低い味方にInfuse>RoFとかける。これでまず対象の味方にInfuseによって300程度を回復を与え、即座にRoFを使用することによって一気に失った自分のヘルスをほぼ最大まで回復する。これはEtherRenewal、Restortion、Vigorousの回復効果にLifeAttunの回復量増加がのって1キャストで200前後自分を回復できるため。
この作業だけではまだRenewalの時間があまるのでとにかく多くの味方にInfuse>RoFだとかInfuse>大仏でガンガン回復していく。
3人の味方全員に回復を回すならInfuse>RoF、ターゲットをかえてInfuse>大仏、またターゲットをかえてInfuse>Restortionといった具合に素早くやれば大抵は自分を含め全員のヘルスを最大まで回復し、自分のエネも一気に回復。Renewal中は意識して全て1/4secのスペルでとにかく早い作業をするのが良い。

感想としてはRenewal時のヒールパワーは通常のMoと比べても圧倒的だけど、通常時はなかなか厳しめで、偏りがある感じだろうか。どうバランスを取ればいいものか。

おまけ的:
Infuseしたあとの自分のヘルス回復を安定させたいならRoFをOrisonにするとかもアリかもしれない。ただ1secスペルになってしまうとハンマーコンボであっさり殺されてしまったり、中断させられてどうにもならなくなったりしやすいので自分が狙われた場合はかなり厳しくなると思う。やはり1/4secスペル、スキルは偉大。
それからCondition対策が入ってないんで、お好みでVigorousなんかをやめてMendAilなんかは入れても良さそうだけど、その場合Renewal使用時には大仏あたりも自分にきっちりのせておく必要が出てくる。
武器に関してはEnch20%longerが欲しいぐらいなので特に指定はないけど、エネはストレージのおかげで多いので剣か斧にEnch20%つけて盾を持っちゃったりするのがいい気もする。

12/21 追記:
盾の防御を活かし切るにはやはりAttributeが必須みたいなので盾装備は除外。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-08 18:55 | ビルドメモ-Elementalist
すいませんまたIronMist入ってます。
f0002939_179416.jpg

f0002939_1716784.jpg

Attribute:Strength/AxeMastery/Tactics/EarthMagic
Shocking武器を使用。上のBuildは剣でも可、武器Attriはルーン込みで12は欲しいところ。スキルダメージ増加にTacticsを入れるので結構カツカツだけど上のはStrengthも9は欲しい。

1.Desperation Blow
2.Thrill of Vicory/Cleave
3.Distracting Blow/Penetrating Blow
4.Flourish/Wild Blow
5.Iron Mist
6.Frenzy
7.Dolyak Signet
8.Ressurection Signet

DesperationBlowは強力だけど自分がKDするのでそれをどうにか抑制しようと最初はBalancedStanceを導入してEchoでDesparation増やして連発しようとか考えたものの
BalancedStanceとFrenzyが両立できなくて結局大した火力にならなかった。かといってDolyakは足が遅くなりすぎるし・・・とそこでIronMistを思い出してこんな形に。
とにかくDesperationBlow命。ちなみに上のは試験運用1回目のRAで21winまでいけた。味方が良かっただけですねハイ。

上の:
自称短期決戦型で、敵をターゲットしたらある程度近寄ってIronMistをかける。相手はほとんど動けなくなるのでDolyak+Frenzy状態でDesperationBlow、ThrillofVictoryと適時Distractingを入れてFlourishですぐさまリチャージ、再びDesperationBlow、Thrillと立て続けに殴る。Desperationで深手がつけば敵はこれだけで相当キツい状態になってるハズ。たまに死ぬかも。
ただ、Flourishのリチャージの関係上、何も考えずにスキルを連発しすぎるとエネがなくなってしまう。最初以外は建設的にスキルを使用していかないといけないので結構気を使う。

下の:
そんなこんなでエネ枯渇問題を改善、スキルの回転の早さもある程度維持しようとこちらを作成。Desperationで深手はちょこちょこ入るのでEvisじゃなくてCleaveを選択。こちらはAxeMasteryを重視気味で。
Cleaveはここぞという時に強力なものではないけどほんとによく回るのでなかなか優秀だった。
アドレナリンコストの安いスキルとWildBlowは相性が良さそうなのでこれも導入。ダメージ稼ぎというよりはスタンス解除用にしないとアドレナリン失うどころかDesperationのエネが支払えなくなるのでほどほどに。

おまけ的:
今回はIronMistやDesperationで敵の足を遅くしたりできるのでSprintは入れてないけど
下のなんかはPenetrating抜いてもCleaveがその分回るからとりかえてもいいかも。
最初に突っ込んだ時に集中攻撃されたらDolyak使うとダメージがすごい少なくて味方にMoがいればその消費エネも結構抑えたりできる。すぐターゲットかわるだろうけどそれも相手に無駄な手間を与えてることになるのでマズマズ悪くない。
あとはやはりIronMistには味方の攻撃を無効化してしまいやすい特性があるのでTAで味方とBuildを練ったほうがいい。もしくは責任持ってIronMistかけた相手を力の限り殺しにかかる。ダメカ。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-06 18:08 | ビルドメモ-Warrior

N/Mo Healing Jammer的Curses

ギルドチャットで回復そのものを劣化させる攻撃というものを学んで考えてみた。
直接的な攻撃力は皆無だけどOffence、Deffenceサポートの両面から出来る仕事は多め。
f0002939_1103346.jpg

Attribute:Curses/SoulReaping/SmitingPrayer

1.Lingering Curse
2.Defile Flesh
3.Scourge Healing
4.Parasitic Bond
5.Smite Hex
6.Spinal Shivers
7.Shadow of Fear
8.Ressurection Signet

LingeringとDefileで対象へのHP回復効果を1/2*2/3=1/3にする効果(多分合ってると思う)とEnchの全消去。これでPTメンバーがターゲットを合わせれば相手MonkのHeal必要回数を増やす&おいつかなくなる。更にScourge Healingで回復する度Monkにダメージを与える。ParaBondは毎度のごとくHexの蓋と自己回復用途として。
戦闘の最初とかエネがあまってて他の仕事をする余裕がある時はWarやRにShadowofFearもしくはFaintheartednessとか、キャスターにSpinalShivers、ネクロのカース杖なんかはもともとCold DMGなのでこれで攻撃して中断、ThunderClapなんかと違って攻撃ごとに毎回エネを持ってかれるワケではないのでそれほどエネは消費しない。
Lingering+Defileとかをかけて殺しにいく相手はMoよりも一度にHexをさばききれないような相手を選ぶのがベターかなと思った。LingeringでEnchは全て消すので赤ちゃんでもさばききるのはラクではないけど・・・。ついでにHexBreaker持ちもParaBond先がけって手はあるけど出来れば避けたい。あとHolyVeilにLingeringかけた場合はLingerがちゃんと入る模様。

おまけ的:
自分がBoonProt(ビルドメモ-Monk参照)をやっていた時のこと。SoulBarbsをもらっても消すほどでもないなと思ってほっといたら自分が攻撃されてる時にRoFで凌ぐ度にSoulBarbsによるダメージ、すぐに苦しくなった。30程度のDMGと侮っていた。効果も30secと長いしRoFをメインとするProtにとっては大仏でDMGをおさえられて10secだけのBackfireなんかよりよっぽど怖いと思った。Lingering、Defileと合わせればDboonの乗ったRoFですらほぼ無効化されるし、今回はCurses高いので場合によっては導入してもいいかも。
それから今回使ってみたScourgeHealingも同じく30secだし相手Moのヒール対象を制限してやると強力なHexだと感じた。
[PR]
by forutejaga | 2005-12-04 01:55 | ビルドメモ-Necromancer